ニキビ痕はなぜできる?

ニキビ痕はなぜできる?

ニキビはそれ自体がやっかいなものですが、ニキビが治った後にできてしまうことがあるニキビ痕はもっとやっかいです。


ニキビ痕には3種類ありますが、いずれも炎症したり、化膿したニキビの毛穴にできるというのは共通しています。 そしてニキビの炎症が長引いたり、重症化してしまうほどできやすくなります。


要チェック 毛細血管が破れて血の滲みが残った【赤み】
要チェック 活性酸素に対抗して生成された【メラニンの色素沈着】
要チェック 真皮層の傷が修復されることで出来た【陥没・凸凹】


ニキビ痕ができるのは、炎症が原因です。炎症による毛穴ダメージがひどければひどいほどニキビ痕になってしまう可能性が高くなりますから とにかく毛穴詰まりができてしまったら炎症させないということがニキビ痕対策では一番大切です。


だからこそ、ニキビケア化粧品は抗炎症作用が成分が配合されていることあることが重要になりますし、 炎症を悪化させる活性酸素を防ぐ抗酸化作用のある成分が配合されているかも一緒にチェックするようにしてください。


炎症を起こしてしまった場合は毛穴へのダメージに最小限に抑えなければいけないので、 消炎作用や殺菌効果の高いニキビ治療薬を使ってとにかく早く炎症を鎮めることを最優先に考えましょう。


大人ニキビを繰り返さない4ステップとは? 詳しくはコチラ

ニキビ痕ができたらどうしたらいい?

ニキビ痕ができたらどうしたらいい? ニキビ痕ができてしまったらどうしたらいいか?ということですが、スキンケアでどうにかなるものとならないものを判別する必要があります。


まず、毛細血管の血の色が滲んでしまっている【赤み】とメラニンが沈着している【シミ】といった色素沈着系のニキビ痕はビタミンCなどの色素沈着を還元する作用のある有効成分が効果を発揮してくれます。


ただ、できてから間もないものは早くキレイになりますが、時間が経ってしまったものは時間がかかってしまうと覚えておいてください。


クレーター状に陥没・凸凹が残ってしまったものに対しては、これはスキンケアではどうにもなりません。 美容皮膚科や美容外科などのクりニックへ行って最新のニキビ痕治療を受けるほか肌をキレイにするのは難しいです。


それほど陥没・凸凹がひどくないようであれば、ケミカルピーリングやビタミンCあるいはグリシルグリシンなどをイオン導入する治療が行われます。 陥没・凸凹がひどいようであればダーマローラーやフラクショナルレーザーを使った治療が行われるはずです。


つるつるの肌になるというのは最新のニキビ痕治療をもってしても難しい状態ですから、とにかくニキビ痕は作らせない予防を最優先に考えて、 炎症をとにかく早く鎮めるといったケアを心がける必要があります。


ニキビの再発はニキビ痕の原因に、、 繰り返す大人ニキビ向け化粧品
Copyright © 2014 繰り返す大人ニキビを防ぐニキビケア化粧品<傑作選>v(^.^)v· All Rights Reserved·